プチ愛人の全てが解る!相場や作り方・注意点も紹介!体験談もあり!

プチ愛人の全てが解る!相場や作り方・注意点も紹介!体験談もあり!

お小遣い稼ぎや異性との触れ合いを持ちたいけれども、愛人関係まで結ぶのは不安という人に人気なのが、「プチ愛人」と呼ばれる関係です。

どのようなものか知らない場合には、いったいどんなことをすればいいのか、愛人とは何が違うのかということがわからなくて不安になってしまうかもしれません。

そこで今回は、一部の大人の間で密かなブームを起こしているプチ愛人という関係について、そのメリットや作るさいに知っておくべきことを紹介していきます。

そもそもプチ愛人とは何か?

そもそもプチ愛人とは何か?

プチ愛人は、最近注目されるようになった新しい男女関係の形です。

肉体関係を必ず結んでいるというわけではなく、場合によっては食事やデートのみなどのライトな関係を結ぶこともあり、これまであった愛人関係に比べて気軽な男女関係となっています。

その特徴としては、関係を持つ期間が短期間で、場合によっては数回のみということもあります。

会う頻度もそれほど多くなく、月に1回程度お互いの予定が合う時に会うといった人も多いです。

そのような軽い関係となるので、恋人関係というよりも友人関係に近いものもあります。

関係が軽い程度のものなので、女性が男性から受け取る見返りも軽いものが多く、生活のために関係を結ぶというよりも普段の生活でちょっと贅沢をするためや、食事や旅行といった願望を見返りとしてかなえてもらうということも多いです。

そのため男性側も負担が少なく、関係を持つのに相手を支えるような大金が必要ということもありません。

愛人とプチ愛人の違いとは

愛人とプチ愛人の違いとは

プチ愛人はその名前からもわかるように、愛人の関係が軽くなったようなものです。

愛人の場合には、既婚者が配偶者とは別に体の関係を持つ異性のことを表します。

この関係は秘密の長期の契約のようなものになります。

男性側は体の関係を持つ代わりに、女性に金銭や生活を支えるといった”見返り”を渡す形になります。

女性はその見返りを受け取る代わりに、男性に囲われることになります。

その関係性は、体のみの場合から恋愛感情がある場合まで様々です。

基本的にどちらかが関係を切ろうとしない限り長期にわたり続く関係になります。

それに対してプチ愛人では、この愛人関係が短期的なものになっています。

数か月程度の期間で回数も愛人ほど多くなく、その関係性は食事やデートのみから体の関係まで広く渡ります。

場合によっては単発で1回のみの関係ということもあります。

ですが期間も限られていて、関係も軽いものになっている分男性側からの見返りも軽いものになっています。

そのため、男性側は金銭面の負担が少なく、デート代や食事代、ホテル代といった実費+お小遣い程度となっています。

プチ愛人の作り方

プチ愛人の作り方

プチ愛人の関係を結ぶきっかけになることが多いのは、出会い系のアプリや会員登録制の紹介サービスといったものが多くなっています。

それらのプロフィールなどから相手を探し、アプリやネットなどを通して連絡を取り、実際に会う約束と取り付けることになります。

この際に、いきなりアプリなどでプチ愛人を募集する場合もありますが、中には一度デートなどで会ってみて、それからプチ愛人の関係を持ちたいと誘うということもあります。

前者では、相手がプチ愛人の関係を望んでいる場合にはすぐに関係を結ぶことができますが、会ってみるまで相手がどのような人かわからず、アプリ上などの情報のみで決めなければいけません。

後者では関係を結ぶまでに時間はかかってしまいますが、実際に会ってから誘うかどうか決めることができるので、相手を多少でも知ってから関係を結ぶことができます。

短期間といえども、何度か会う関係を望む場合には、一度デートなどをしてみてからプチ愛人の関係を結ぶのがよいかもしれません。

プチ愛人をする男女の特徴

プチ愛人をする男女の特徴

プチ愛人を求める男性の特徴としては、愛人関係を結べるほど高収入ではないが、それほど高額でない見返りで適度に女性と体の関係を持ちたいという感情を持っています。

体の関係というほど深くなくても、定期的にデートや食事ができる関係を求めているという人もいます。

また、体の関係は持ちたいけれども、愛人ほど深くなく短期で数回程度の関係を求めています。

そのため、本格的ではなく少しの間関係を持ってくれる女性を求めています。

女性の場合には、愛人のように生活の面倒を見てくれたりするような関係ではなく、体の関係の代わりに日常生活で普段より贅沢ができるようなお小遣いを求めています。

パートナーに生活面や時間で拘束されたくないと思っている人も多いです。

また中には、見返りはあくまで見返り程度で、男性とセックスフレンドのように気軽な体の関係を結びたいという人もいます。

愛人関係を結ぶのに比べて、あまり拘束されずに気軽な関係を結びながら、お小遣いをくれるような男性との関係を求めています。

プチ愛人の相場

プチ愛人の相場

プチ愛人の相場は決まったものはなく、その関係性や相手側の経済状況によって大きく変わってきます。

愛人に比べてプチ愛人の関係を結ぶ男性は、大金持ちというわけではありません。

関係の深さも異なるので、愛人に比べると見返りの相場は少なくなります。

一般的にプチ愛人の関係では、食事代やデート代、体の関係がある場合にはホテル代を男性が支払ってくれ、さらにプラスしてお小遣いとして数万円程度見返りを受け取る形が多いです。

このお小遣いの部分が相手の経済状況によって大きく変わってくる部分です。

ほとんどの場合でこのお小遣いは関係を持つたびに受け取ることになりますが、愛人関係に比べて会う回数も少ないので、それほど大金にはなりません。

プチ愛人の関係では月に1回程度といったことも多く、そのような場合では月にもらえる見返りが数万円程度と、生活をするためのお金ではなく、少し贅沢をするといった程度になります。

プチ愛人がいる男性のメリット・デメリット

プチ愛人がいる男性のメリット・デメリット

プチ愛人がいる男性のメリットは、まず第一にそれほど金銭面の負担が大きくなく、それでいて女性との関係を持つことができる点です。

特にプチ愛人の関係を求めている女性には若い方も多いので、若い女性と関係を持てた場合には大きなメリットになるでしょう。

また、一定期間のみの関係になるのでお互いの生活にそれほど深入りしないので、私生活への影響も少なく、別れる際には後腐れなく別れることができます。

デメリットとしては、長期的な関係には発展しないことも多い点です。

プチ愛人の関係を続けていると、相手の女性と本格的な関係を結びたいと思ってしまうこともあります。

ですがプチ愛人はあくまで短期的な関係ですので、決めていた期間を過ぎても関係を続けたい場合には相手と交渉する必要があります。

プチ愛人の関係を求めている女性の中には、あくまで軽い関係であることを求めていて長期的な関係は望んでいないという人も多いです。

そのため、相手に恋愛感情などを持ってしまっても関係を続けられないことも多いです。

プチ愛人がいる女性のメリット・デメリット

プチ愛人がいる女性のメリット・デメリット

プチ愛人がいる女性のメリットは、関係を持っている間は一定のお小遣いを受け取ることができる点です。

デートの際にはホテル代だけでなく、食事代を出してくれたり、お小遣いを受け取ることができます。

それらにより男性側からの見返りで普段より贅沢な生活をすることができるようになります。

また男性との体の関係を求めているという人ならば、自分の求めている関係を結びながらお小遣いも受け取ることができるので、一石二鳥です。

デメリットについては、あくまで契約関係のようなものなので、期間や回数を決めていた場合、基本はそれを守る必要があります。

お互いに決めた条件を守ることを前提に、男性側も見返りを女性側に渡しています。

そのため、何回か会っていて、途中で止めたいと思ったとしても、自分の意志だけでは関係をすぐには止めることができません。

そのため決めた期間は関係を続けることを意識して条件を決めなければいけません。

男性のためのプチ愛人を作るためのコツ

男性のためのプチ愛人を作るためのコツ

プチ愛人を作る際の男性側のコツは、信頼できるサイトなどを利用することです。

TwitterなどのSNSでプチ愛人を募集している人もいますが、誰でも利用できるSNSでは冷やかしなども多く、トラブルになってしまうことも多いです。

そのため、出会い系のアプリやマッチングサービスなど実績のあるものを使って相手を探すのが、プチ愛人の相手を見つけるのに重要になるでしょう。

また、お小遣いをどれだけ渡すのかをきちんと決めておくことも大切です。

プチ愛人も基本的に女性側にお小遣いという形で見返りを渡すことが前提の関係になっています。

関係を結んでから、いざ会う時に決めたお金が払えないといことは絶対に避けなければいけません。

女性側からお小遣いの金額を下げても良いと言われたならまだしも、男性側からお小遣いを値切るといったことも避ける必要があります。

金の切れ目が縁の切れ目という言葉もあるように、関係を結んでさらに続けるためには自分がきちんと払い続けられる金額で納得してくれる相手を探しましょう。

女性のためのプチ愛人を作るためのコツ

女性のためのプチ愛人を作るためのコツ

プチ愛人を作る際の女性側のコツは、多くの見返りを求めすぎないということです。

プチ愛人を求める男性には、愛人関係を結べるほど高収入ではないという人が多いです。

ある程度の金額は見返りとして女性に渡す関係なのでそれなりの収入はあるでしょうが、あくまでプチというような関係を求めているので、愛人のように生活できるような見返りにはなりません。

あまり高い見返りを求めてしまうと、プチ愛人という関係では条件の合う男性と出会えないこともあり得ます。

男性側のコツと同じにもなりますが、書類などはありませんが、お互いに約束した契約関係のようなものなので、きちんと決めた条件は守って関係を続ける必要もあります。

また、きちんと男性側の要求も踏まえて関係を結ぶことも大切です。

プチ愛人とはいえど、体の関係を求めているという男性は多いです。

この体の関係をできる限り結びたくないという場合には、相手側の条件を飲めなくなってしまいます。

そのためプチ愛人の相手を探す際には体の関係を求める相手も多いことを踏まえて相手を探しましょう。

プチ愛人を作るときの注意点

プチ愛人を作るときの注意点

プチ愛人を作る時の注意点は、お互いに割り切った関係でいなければいけない点です。

あくまでお互いに私生活に負担がかからないような関係を求めてのものなので、むやみにプライベートに干渉しようとしたりするのはNGな行為となります。

どちらかが必要以上に相手を求めたりしてしまうと、簡単にその関係性は崩れてしまいます。

そのため、お互いに必要以上に相手を知ろうとしない、干渉しないということを徹底する必要があります。

2つ目は、プチ愛人もある種の契約関係のようなものであると認識しておくことです。

書類などは交わさずに、あくまで口約束になりますが、プチ愛人の関係になる場合には2人の間で期間や見返りなどの条件を決めることになります。

男性側は相手との関係や期間などを踏まえて見返りを決めていますし、女性側は見返りを前提に関係を持っているという場合も多いです。

そのような時にどちらかが条件を破ってしまうと、関係性が破綻するだけでなく、トラブルに繋がってしまいます。

プチ愛人を作るときに起きるトラブル

プチ愛人を作るときに起きるトラブル

プチ愛人の関係で起こるトラブルとしては、出会いにあります。

プチ愛人を求める場合、アプリなどのネットで相手と会わずに話を進めることも多いです。

特にSNSを利用して相手を探す場合には、誰でも利用することができることから、相手が性別を偽っていたり、詐欺に繋がってしまうということもあります。

実際に会おうと待ち合わせ場所に行くと、相手が来なかったり、別人が来て脅されたりお金を請求されたりといったこともあります。

また、パートナーを探したいからと言って必要以上に高額な見返りを決めてしまうと、途中で決めていた見返りを渡せないということもあります。

肉体関係を持ってから見返りが渡せないとなると、トラブルになります。

続いては、相手に入れ込みすぎてしまい、恋愛感情に発展してしまうことです。

プチ愛人を求める男性側には、既婚者も多いです。

どちらかが相手に入れ込んでしまうと、家庭にまで影響が出てしまいます。

あくまで割り切った関係でいないと、離婚など大きなトラブルに結びついてしまいます。

男性によるプチ愛人生活の体験談

男性によるプチ愛人生活の体験談

ここからは、プチ愛人を作った男性の体験談を紹介していきます。

1人目は40代前半で既婚者のAさんです。AさんはPCMAXというサイトで相手を見つけました。

もともとは学生や若いギャルと遊ぶことが多く、出会い経歴は7年でした。

相手の女性は出会い系のサイトに登録していた医療事務の仕事をしていた一回り以上年下の女性です。

この女性は給料が安いためにパートナーを探していました。

Aさんはこの女性とサイトを通して会う約束を取り付け、1回目は食事のみ、2回目に食事の後にバーに誘い、そこでプチ愛人の契約を誘いました。

条件は食事代とホテル代+お小遣い3万円というものでした。

2人目は40代の既婚の男性のBさんです。

このBさんは、奥さんとお見合い結婚したため、恋愛に夢があり、美人でかわいい彼女が欲しいという考えがありました。

そしてプチ愛人という関係を知り、出会い系サイトで相手を見つけました。

基本はデートをするだけの関係でしたが、割り切った関係なので関係の期間も短く、精神的にも負担が少なかったということです。

女性によるプチ愛人生活の体験談

女性によるプチ愛人生活の体験談

続いては、女性側のプチ愛人の体験談を紹介していきます。

最初に紹介するのは、20代のモデル業の独身女性のCさんです。

Cさんは仕事ではまだ駆け出しの為収入が少なく、毎月苦しい生活をしていました。

そんな時にネットで知ったのがプチ愛人でした。見知らぬ男性と会うのが不安なため、デートクラブに加入して相手を探しました。

相手によって食事のみや体の関係など様々ですが、お互いに会いたいときに会えることや、場合によっては食事のみでお小遣いが稼げることで副業としています。

2人目は、20代の会社員の女性のDさんです。

このDさんは、自分の収入とは別に旅行や友人と遊んだりするためのお金を求めてプチ愛人の関係を結びました。

1人の相手と体の関係ありで月に2回程度会っていました。

お小遣いは1回5万円と食事代、ホテル代の条件でした。

半年間の関係でしたが、Dさんの私生活に支障なく、後腐れなく関係を終えました。

『プチ愛人の全てが解る!相場や作り方・注意点も紹介!体験談もあり!』のまとめ
プチ愛人はその関係の軽さから、愛人関係に比べて相手を見つけやすく、新しい男女関係の形として確立されてきました。

お互いにある程度の制限はあるものの、私生活に影響のない関係となっています。

ですがある種秘密の契約関係ともいえるので、守るべき点はきちんと押さえておく必要があります。

愛人関係を結べるほど高収入ではない、愛人関係ほど本格的ではなく、後腐れない関係を求めているという男性、私生活に影響がない程度でお小遣いを稼ぎたいという女性の方はプチ愛人を探してみてはいかがですか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました