LINE掲示板を利用するより出会い系サイトに登録した方が出会いやすい!

知り合い以外との交流は困難

LINEは出会いに活用できる!とネット上で宣伝されている場合があります。これを信じているかたも多いかもしれませんが、事実は異なります。実は、ラインを用いて出会いを求めるのは、非常に難しい行為だといわれているのです。

 

<LINEの仕組み>

面識のない相手と友人になることが難しいということは、LINEのシステムを理解すればよくわかります。

 

ラインはスマートフォンのアプリとして提供されています。マーケットからインストールをした後、初回起動時に電話帳を読み込ませます。そうしますと、電話番号を知っている相手の中で、LINEを利用している人を自動的に検索・登録してくれます。もちろん、共通の知り合いなどの中から、「もしかすると友人かもしれませんよ」という提案をしてくれる機能もあります。
しかし、出会い系サイトのように知らない人を条件検索するというような機能は搭載されていません。

 

このソフトは、基本的にすでに知り合い同士となっている人を結び付けるために用いられているのです。

 

<面識のない相手とコミュニケーションをとるためには?>
LINEにはそれぞれのユーザーのIDが存在しています。これを入手することができれば、メアド・電話番号などを知らなくてもフレンドになることができます。
IDを交換するための非公式の掲示板サイトなども数多く存在しています。このような場所を用いることで、知らない相手でもチャットなどをすることができるようになるわけです。

 

しかし、このような非公式サイトは悪質業者・サクラなどが非常に多く存在しているといわれています。また、そもそも知らない人との交流はLINEの利用規約違反行為になってしまい、最悪の場合アカウント削除をくらってしまいます。

page top